妊娠中だけではなく、妊活中や産後も役に立つ葉酸サプリ

産後も葉酸サプリ
葉酸と言うと、胎児の先天性異常のリスクを軽減してくれるということで、妊娠初期に摂取することが推奨されている栄養素ですね。

最近では様々な葉酸サプリが販売されており、「妊娠したら葉酸サプリを飲む」というのはもはや常識になってきているのではないでしょうか?

でも実は葉酸には、「胎児の先天性異常リスクの軽減」以外の効果もあるのです。

その一つは、妊娠の確率を上げるという効果。葉酸には造血作用があるため、「赤ちゃんのふとん」である子宮内膜を厚くふかふかにし、受精卵の着床率を上げる効果が期待できます。

また、子宮内膜がしっかりしていると、着床した受精卵も守られて定着しやすくなり、妊娠率をアップさせてくれますね。さらに、細胞分裂をサポートすることで受精卵の正常な成長にも寄与します。

そして、妊娠後の葉酸の効果としては「つわりの軽減」も期待できます。つわりの症状にも様々なものがありますが、その中の一つに倦怠感があります。

そして、葉酸を十分に摂れていないと貧血だけでなく倦怠感も出やすくなるのです。ですから、妊娠中に葉酸サプリを飲むことは胎児のためだけではなく、ママの体調を整えるためでもあるのですね。

妊娠後の葉酸摂取方法の詳細→http://keeponmoving1998.com/lalaripablic/

また、葉酸が役立つのは妊娠中だけではありません。産後赤ちゃんに授乳する際、母乳の質を良くしたり母乳の出を良くする効果も期待できます。というのは、母乳は血液から出来ているから。ここでも、葉酸の造血作用が役に立っているのですね。

さらに、産後は女性ホルモンバランスの変化および授乳で栄養が母乳に行ってしまうことで抜け毛が増える傾向にあります。

髪の毛は主にタンパク質で出来ており、タンパク質を作るためには葉酸は欠かせません。葉酸をしっかりと摂取することで、産後の抜け毛を予防し、イキイキとしたツヤのある髪の毛を維持する効果が期待できるのですね。

このように、葉酸は妊娠中だけでなく妊活中、そして産後までずっと必要な栄養素だと言うことができます。

普段の食事で葉酸を含む食べ物を摂るのももちろんで大事ですが、効率的に葉酸を摂るにはやはり葉酸サプリを上手に利用するのがオススメですよ。