出費を抑えて、的確な助言をもらう!電話占いの賢い使い方とは?

フリーターだから電話占いの料金は安いほうがいい、でも相談はしっかりとしたい、いったいどうすればいいのとお悩みの皆さん。電話占いを安く深く利用するには、いくつかのコツがあるんです。

「出費を抑えたい」
「でも相談が中途半端になるのはイヤ」

そんな方々に向け、当記事では電話占いをより安く、そして深く利用する方法をご紹介いたします。

出費を抑えつつ余すところなく悩みを相談するコツは?

電話占いの使い方
電話占いを利用する前に、自分がどんなことに悩んでいるのか、どのようなことを知りたいのか、そして今後どうしたいのかをはっきりとさせておきましょう。

頭に思い浮かべるだけでなく、箇条書きでいいので、紙に書きだしておくのがポイントです。

要点を整理しておくことで、より短い時間で要領よく相談をすることができます。通話時間を短縮できるわけですから、これは出費を抑えるのに繋がるのです。

また、相談したい事柄を整理しておくだけでなく、それをどういった順番で話していくかも考えたほうがよいでしょう。

いきなり「彼と復縁したいんですけど、どうすればいいですか?」と訊くより、「こういった理由で別れてしまって、私としては復縁を望んでいるのですが、どうすればよいでしょうか」と訊いたほうが、的確なアドバイスが返ってきます。

まずは自分の今の悩みがどうして発生したのか、その経緯を説明するとスムーズです。

占い師の選び方

加えて、占い師の選び方にも注意を払うことによって、相談時間の短縮と、より具体的な助言を授かることが可能となります。

占い師にも得手不得手はあるものです。恋愛の問題に強い先生もいれば、会社経営やお金の管理などビジネス面に強い先生もいます。もしあなたが今恋愛のことに悩んでいるのであれば当然、恋愛関連の問題に強い先生に相談したほうが良いということです。

各電話占いサイトには、在籍する占い師のプロフィールが掲載されています。

そこには得意分野の記載があり、特に自信のある項目については別途コメントのついていることが多いです。そういったものを参考にし、自分にぴったりの先生を探しましょう。

感情的にならない

自分が真剣に悩んでいることを人に話すとき、人はどうしても感情的になりがちです。中には涙を流してしまう人もいるでしょう。

べつにそれは悪いことではありませんが、しかし泣いている人の相談に乗るのは難しいものがあるのです。

第一に、何を言っているか聞きとりづらいというのがあります。嗚咽をもらし洟をすすり、声が震えて、会話がちょっと継続したと思ったらまた泣きだして中断してしまう。

相談に乗るほうはあなたが何に悩んでいるのか、聞き取るだけでも一苦労です。

第二に、泣いている人にはあまりきついことを言えないというのがあります。たとえばあなたが相談に乗る側だったらどうでしょう。

彼氏に振られたと友人が言ってきて、そのうち泣き出してしまった。そこへ「あんたがだらしなかったのが悪い」とか「そうやってすぐ泣くのが悪い」とか、追い打ちをかけられますか?ちょっと難しいですよね。それは占い師だって同じなのです。

泣いている人に何か助言をするときには、どうしても言い方を優しいものにしなければなりません。

それで占い師の助言が、占い師の考えたとおりに相談者に伝わればいいのですが、直截な言い方を避けるわけですから、相談者がその助言の意味するところをはき違えてしまう可能性があるのです。

最たるものは「自分は悪くない」といった観念の発現でしょう。優しく言われることによって、自分に非はないと思い込んでしまう。気持ちは楽になるかもしれませんが、これでは何も解決しません。

ですから電話占いを利用するときには、なるべく感情的にならないようにしたいものです。

しかしそうはいっても、自分の感情を完全にコントロールするのは難しいですよね。ですから、この相談は話しているうちに泣いてしまいそうだと思ったら、一度感情にまかせて泣いてしまえばいいのです。

そうして泣いたあとに占い師に電話を掛ける。こうすれば、相談中に大泣きといった事態は避けられるでしょう。

失恋の事実を思い返すだけでは泣けそうにない、と感じるのなら、映画でも小説でもいいので、何か「泣ける作品」に触れて涙を流しておいてください。

泣いて心がすっきりすれば、感情をコントロールし、ゆったり構えて相談できるようになるはずです。

感情的にならずに、涙をこらえて相談できれば、そのぶん占い師から的確なアドバイスがもらえるでしょうし、相談時間も短縮できます。

恋の相談は相談相手あってのもの、自分の都合を押しつけるのは良くないし、正しい助言も得られない可能性が高いと覚えておきましょう。

電話占いの賢い使い方まとめ

以上、電話占いをより安く、しかし相談を半端にしないコツをご紹介いたしました。

事前に相談したいことを書きだし、話す順序を決めておく、相談中は感情的にならないように注意する、もし不安なら相談する前に一度泣いておく。これを心掛ければ出費は抑えられるはずですし、より的確なアドバイスを貰えるようになるでしょう。

みなさんもぜひ、お試しください。