葉酸サプリはいつ飲めばいいの?飲み方は?

葉酸を摂りいれる
神経管閉鎖障害など赤ちゃんの障害のリスクを避けるためにも、妊娠初期に重要なのが葉酸です。

厚生労働省でも妊娠初期にはサプリメント等で葉酸を補うことを推奨していますが、どのタイミングでどんな風に飲めばいいのかよく解らない方もいらっしゃいます。

葉酸が妊婦にとって重要な時期は妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月で、400μgの葉酸をサプリ等で取るよう推奨されています。サプリメントは薬ではありませんから、本来はいつ飲んでも大丈夫です。

しかし、妊娠初期はつわりがあったりちょっとしたことで妊婦の体調も不調になりやすいデリケートな時期です。
葉酸サプリメントで体に影響なく有効成分を効果的に取り入れるには、食後30分以内が良いでしょう。

食べ物が胃に入っている状態なら気分が悪くなったり胃腸が荒れたりすることはほぼありませんから、サプリを飲むのには適したタイミングです。

飲む量はサプリメントによって違いますから、推奨量を必ず守って飲むようにしましょう。例えば、1日4粒飲むタイプのサプリメントなら、食事ごとに小分けにして飲むようにしましょう。

葉酸は水溶性のビタミンの仲間ですから、一気にまとめて飲んでしまっても吸収できなかった分は尿として排出されてしまいます。推奨量よりも吸収される量が少なくなってしまいますから、小分けにして食事ごとに飲むのが大切です。

また、飲む時には水かぬるま湯で飲むようにしましょう。カフェインを含むコーヒーや紅茶、緑茶などで飲んでしまうと、葉酸が体に吸収されにくくなります。サプリの効果を最大限に得るためにも、基本である水かぬるま湯で飲むのがおすすめです。

葉酸は一番重要なのは妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月頃までですが、妊娠中から授乳中もずっと健康に役立ってくれる成分です。

妊娠中期に入ってからも妊娠初期ほどの量は必要ではありませんが、食事だけで不足するようならサプリメントも活用して摂取していきましょう。

その時にも、飲むタイミングや飲み方などに注意して、元気なママと赤ちゃんのためにしっかりと不足しないように葉酸サプリを飲むようにしましょう。